作業者

シロアリ退治は早急に!|巣に気付いたら即駆除しよう

痒みをもたらす害虫

ハウス

今、日本で急激に数を増やし、被害をもたらしている害虫がいます。それが南京虫です。南京虫とは、別名「トコジラミ」とも呼ばれていて、戦後の日本で大発生した害虫です。その南京虫に噛まれると、悲鳴を上げほどかゆいと言われています。そんな南京虫が今日本で再発生しているのです。戦後の日本で大発生していた南京虫ですが、大規模な駆除や清浄化により、激減しました。しかし、最近の海外旅行者の増加から、海外から南京虫を連れて来て、大繁殖をしているという問題が起きているのです。南京虫の特徴として、目に見えるというものがあります。南京虫の成虫は、体長5ミリから8ミリで、平べったい形をしています。主に寝具やベッド、マットレス、じゅうたんなど様々な場所に生息しています。この南京虫は、ダニやノミに効いた殺虫剤が効きにくく、駆除が難しいとも言われています。また、南京虫はノミやダニと同じく吸血害虫なため、感染症などの恐れもあるため、大変危険です。もし南京虫らしき虫を確認したら、すぐに専門家に連絡を入れ、駆除してもらうのが賢い選択であると言えるでしょう。もし、宿泊施設の経営者だという人は、すぐに駆除してもらわないと、利用者にその毒牙が及び、経営難に陥ってしまう可能性もあります。南京虫は先述した通り、駆除が非常に難しく、殺虫剤が効きにくいです。なので、大切になってくるのが早期発見することです。数を大量に増やす南京虫なので、数の少ない内に駆除するのが1番簡単だということです。もし自宅に南京虫が発生したら、すぐに駆除業者に依頼しましょう。